FC2BBS

232748

披講 - ぽけっと

2020/08/02 (Sun) 21:55:21

長い梅雨が明けたとたんに、蝉時雨の攻撃を受けています。
厳暑、コロナ・・・気の滅入る日々が続きますが、俳句に力を貰って乗り切っていきたいですね。

今月は、17点の高得点が3句も並びました。いい時間をいただきました。
ありがとうございます。

次回の兼題出題者は、「もね」さんです。
宜しくお願いします。


兼題『土用』     出題者 唯さん♪

02足裏のざらつく板間土用入る    菊子 8点
〇ラスカル〇あきら〇ぽけっと〇しょう

03糠漬けに釘差し入れる土用入り     あい 4点
〇径〇ひよこ

05うなぎ屋の悲鳴土用の換気扇     もね 3点
◎菊子

08蔵に余る父の書籍や土用干し     毬 12点
〇光海〇あきら◎径◎ひよこ〇唯

09土用芽や都こんぶの箱真つ赤     ラスカル 6点
◎もね◎笑天

10線香のみどり土用の指匂ふ    しょう 13点
〇ラスカル〇毬〇あい〇金魚○もね◎ぽけっと

16籠り住む夕餉の土用蜆かな     金魚 2点
〇毬

20借畑の一坪ほどを土用の芽      ぽけっと 2点
〇金魚

21土用太郎白い錠剤から食べる     笑天 6点
◎ラスカル◎唯

22被爆樹を揺らし土用の風強し    唯 10点
〇あい◎瀬戸薫◎金魚○もね

披講 - ぽけっと

2020/08/02 (Sun) 21:56:32

【雑詠】

23唐黍の髭で遊んだ日々のあり     菊子 2点
〇瀬戸薫

25二巡目の骨箸鳩尾に汗動く      笑天 2点
〇あきら

29三伏の受話器を揺らし鳴る電話    しょう 4点
〇ラスカル〇金魚

30手花火のけむり交番まで流る     ラスカル 2点
〇あきら

31天然水の珈琲甘し熱帯魚      毬 2点
○もね

32白南風や盛塩いまもちんまりと     径 2点
〇毬

35ハミングは子犬のワルツシャワー浴ぶ     あきら 4点
〇菊子〇瀬戸薫

36肩書きを付けぬよろしさ巴旦杏     あい 4点
〇笑天〇唯

38乱雑に子等の自転車夏旺ん     金魚 6点
〇光海〇毬〇瀬戸薫

40くきくきと膝の骨鳴る蝉の穴      あい 6点
〇毬〇あきら〇径

41正面の青嶺に朝のミルク注ぐ     笑天 17点
〇ラスカル〇あい〇瀬戸薫〇径〇金魚○ひよこ○もね◎ぽけっと

42熱帯魚に見られ定食Aランチ     ぽけっと 8点
〇毬〇あきら〇しょう〇唯

45時々刻々大向日葵の影太し     しょう 8点
〇あい◎金魚◎もね
47脈々と医者の家系や凌霄花     毬 2点
○もね

48夕涼やジョギングの腕よく振れて     径 5点
◎金魚〇ぽけっと

50木綿豆腐半丁分の涼しさよ      もね 4点
〇径○ひよこ

51ハンモック日の斑の揺れてをりにけり   あきら 9点
〇菊子◎瀬戸薫〇しょう〇しょう

52送迎車待つ木のベンチ古団扇     あい 2点
〇瀬戸薫

53向日葵の葉つぱざらざらかくれんぼ    菊子 7点
◎あい〇笑天〇しょう

55でで虫の殻の微かな傷に風       ラスカル 3点
◎毬

56子蜥蜴の思いの外の黒目勝ち      唯 17点
〇毬◎あい◎あきら〇金魚○もね〇ぽけっと◎しょう

57異郷友あり冷し中華の紅生姜    笑天 2点
〇毬

58緑陰へ曲がつてゆきし鉄路かな     ぽけっと 2点
〇光海

62消ゆるまで虹の番人務めけり     ラスカル 17点
〇菊子◎光海◎径〇金魚◎もね〇ぽけっと〇笑天

63ふくふくと猫を抱けば梅雨の月     毬 4点
〇瀬戸薫〇唯


64買手なきままの更地の灼けてをり      径 2点
〇ラスカル

66放水の虹くぐり来る雀かな      もね 2点
○ひよこ

67土砂降りに懺悔のごとく夾竹桃    あきら 2点
〇菊子

70真白なる少女の手足夏柳      金魚 2点
〇光海

72母のゐぬ実家の広さ夜の秋    しょう 6点
〇金魚○もね〇笑天

73出窓より青田波見ゆ茶房かな     毬 2点
〇光海

75目つむれば時遡る蝉しぐれ      あきら 3点
◎瀬戸薫


01人好きで猫嫌いな猫土用東風    
04夫に買いし土用鰻のにほいけり    
06土用の夜腓(こむら)返りとなりにけり    
07炯炯と土用太郎の雲白し       
11畳に臥す今年も茹だる土用入    
12沖はるか落日とける土用波    
13喪の家に笑ひ声聞く土用かな     
14土用芽の樫にびつしり夜が来て    
15土用三郎雨母の額の落つ      
17野つぼより子犬助くる土用かな    
18師の文字の太く跳ねをり土用中     
19土用東風写経用紙の透けてゐる    
24安否問ふメール行き交ふ梅雨出水   
26ゆふかぜに唄の名残の月見草     
27白絣父の匂ひを洋服に       
28吹き出せり蒼き島より雲の峰    
33蜘蛛の囲を破りそよ風招き入れ     
34ダニー・ボーイ山河は夏の星の果て     
37肩上ゲを取って貰った浴衣の子    
39長鳴きの牛ゐて壬生の花田植      
43庭に出て鼻をめがけて耳へと蚊    
44梅雨夕焼野良猫二匹堤防に     
46少年のげぢげぢ眉毛麦の秋      
49植田てふ伝統工芸広がりぬ      
54雑草と呼ばるる小花木下闇     
59露草の庭のすき間をきらきらと    
60荒梅雨や朝顔白く咲きぬめり    
61カーテンの模様の星座明易し    
65夏越の夜中古CD叩き売る      
68煎りたての茶葉匂うなり夜      
69刃物研ぎ夏大根を千六本      
71夕涼の粟井坂海を向く鷺      
74向日葵は一つ目小僧ひよいと立つ   


名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.